その他の演目

花吹雪一座

06-6939-6225

〒536-0003 大阪府大阪市城東区今福南1-5-5

獅子舞と花びら

その他の演目

関西で大道芸を行う花吹雪一座のその他の演目

公演

色とりどりの衣装を着て踊っている

関西で大道芸を上演する「花吹雪一座」では、本格的なショーも公演しております。
ショーダンスチーム“アルシュ”はお子様からお年寄りまでどなたにでも楽しんでいただけるショーを繰り広げます。
タカラヅカやブロードウェイを彷彿とさせるような物語仕立ての歌とダンスのステージをお送りします。
アコーディオンとヴァイオリンのユニット“アンパデュパ”は、関西を中心にホテルのイベントや保育園などの教育施設での演奏実績も多数。
音に導かれてこころもいっしょに踊りだすような、楽しい時間をご提供します。

飴細工

飴細工写真

関西で大道芸を上演する「花吹雪一座」では、縁日でよく見かけるような飴細工も手掛けております。
そもそも飴細工は、昔の職人たちが高齢化によって量産が難しくなったため、その技術をもって飴にさまざまな趣向を凝らした細工を施し、売り歩いたことが始まりとされています。
現在では大道芸としての飴細工が定着し、手際よく細工をしていく加工の行程を見せていくスタイルが主流となっています。
近年の飴細工は芸術作品として、海外からの評価も高まっています。

バルーン

バルーンアーティストの写真

関西のイベントで大道芸を通して場を盛り上げている「花吹雪一座」の演目の中でも、王道のバルーンアートはとくに人気のある演目です。
こどもはもちろんのこと、そのお父さん・お母さんまでカラフルなバルーンアートに魅了されてしまうことがよくあります。
ファミリー向けのイベントなどにはうってつけの演目と言えるでしょう。
混雑している時や順番待ちの行列ができてしまっている時も、バルーンパフォーマーの手から次々に飛び出すバルーンアートでお客様を退屈させません。

餅つき

餅つきをしている写真

関西で大道芸を展開している「花吹雪一座」では餅つきのパフォーマンスも行っております。
日本には古来より稲作信仰があり、稲は神聖なものととらえられてきました。
稲からとれる米は、人が生きていく上で必要不可欠な神聖な食物とされていたため、その米から醸造される酒、そして米をついて固める餅はとくにその力が高いと崇められてきました。
祝い事のある日や、いわゆる“ハレ”の日に餅つきをするようになったのは、こういった考えによるものとされています。

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒536-0003 大阪府大阪市城東区今福南1-5-5

06-6939-6225

飴細工の写真

TOP